初めて世の中に出てきた永久脱毛方法はニードル脱毛

初めて世の中に出てきた永久脱毛方法はニードル脱毛です。
ムダ毛一本ずつの毛穴に針をさし、直接毛根組織にダメージを与える方法です。
確実に永久脱毛効果があるのですが、一本ずつの脱毛処理なので広い範囲を処理するにはかなりの時間がかかります。
施術中の痛みも感じやすいです。


医療レーザー脱毛が発明され、施術時間は一気に短くなりました。
レーザーは黒褐色のメラニン色素のみに反応する仕組みで、毛根組織以外の肌組織にはダメージを与えません。
肌の上からレーザーを照射し、毛根組織にダメージを与え脱毛する仕組みです。
一度の照射で広い範囲を処理することができるので背中や太ももなどの部位の施術時間も短時間ですみます。


痛みは少し刺激を感じる程度で、永久脱毛効果も高く、短時間の処理で済むことから画期的な永久脱毛の発明でした。
一番新しい施術方法である光脱毛は、拡散された光なのでもっと広く早く処理できるようになりました。
痛みもほとんどありません。
しかし医療レーザー脱毛に比べ、永久脱毛効果は弱いものです。
レーザーよりもパワーが弱くその分肌への刺激も弱いのですが、毛根に与えるダメージも少ないのです。


皮膚が薄く肌トラブルが心配な部位には向いていますが、何度も施術を受けなければ満足のいく仕上がりにならないことが多いです。
施術料金が一番安いのは光脱毛です。
いずれの永久脱毛方法もメリットデメリットがあります。
ムダ毛の量、質、希望の仕上がり具合によって施術方法を選ぶ必要があります。